肌老化の対策としての保湿化粧品の選び方や年齢別の保湿ケア

肌老化の対策としての保湿化粧品の選び方

生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもみずみずしくて張りと透明感に満ちていますよね。

 

肌は年齢とともに変化していきます、たとえば10代では皮脂の分泌が多いことからニキビなどで悩むこともあり、20代になると皮脂の分泌は落ち着ついてきてキメが細かくしっとりとした肌になってきます。

 

この頃になるとすでに内面では徐々に老化が始まっていて30代を過ぎる頃になると、少しずつシミ・くすみ・たるみなどが出始めます。

 

こういう肌の老化というのは誰しも避けられないことですが、しかしお手入れの仕方とか環境の改善によっては老化の進行を遅らせることはできるんです。

 

肌の老化には不規則な生活習慣、紫外線、環境など様々な原因があり、その中でも老化を一気に加速させるのは乾燥なんです。

 

ご存知のように年齢とともに肌の水分保持力は低下し、肌の水分量が低下すると肌のバリア機能が低下し様々な肌トラブルが発生してきます。

 

一般的に言われる肌の老化とはシミ・シワ・くすみ・たるみなどがこれにあたります。

 

肌の老化を遅らせるためには、保湿ケアをしっかりすることが一番大切なことになりますね、最近は何処にいっても空調が効いていて、空気が乾燥気味になっています。

 

朝晩の保湿ケアはもちろん重要ですけど、日中でも化粧水スプレーを使用したり、加湿器で湿度を調整するなど肌の保湿ケアを意識してどんどんやっていく実行力が大切になります。

 

また保湿化粧品を利用する場合はセラミド配合のものは保湿効果が高いためお勧めで、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧品でも十分保湿効果がありこちらもお勧めです。

 

もう年だからと言って肌の老化を諦めず、保湿ケアをしっかりすることで若々しい肌を手に入れるように努力することが必要なんです。


年齢別の保湿ケア

潤いに満ちた肌は私達女性を若々しく見せてくれますから何歳になっても潤いに満ちた美しい肌に憧れてしまいますよね。

 

20代をピークにして肌の状態は徐々に老化が進んでいくと言われています。

 

お肌に栄養と水分を与えることで老化を遅らせることができますが肌に合わせた保湿ケアをしなくては効果がないんです。

 

年齢別に保湿ケアの方法をまとめてみました。

 

10代〜20代の保湿ケア

基本的に朝夕の洗顔後に化粧水と乳液を塗るだけで十分で美容液はまだ必要ないようです。
高価な化粧品で肌を甘やかすより、クレンジングを重視して強いメイクを肌に残さないようにします。

 

30代の保湿ケア

30代になると少しずつシミやシワができてきますので化粧水と乳液は20代の頃に比べて質を上げて保湿力を強化します。
乾燥やシミ対策など自分の肌の悩みに合ったものを選びましょう、それに美容液もそろそろ必要になってきます。

 

40代の保湿ケア

40代になるとさらにシミ、シワ、くすみ、たるみなどトラブルがどんどんでてきます。
こういったトラブルを改善するためには保湿ケアが一番必要で保湿タイプの化粧品で水分と栄養を十分に与えて乳液や美容液は保湿力の高いクリームタイプを使うようにしましょうね。

 

50代の保湿ケア

50代以降では少々高価なものになるかもしれませんが細胞レベルに働きかける質のよい化粧品を選ぶほうがいいと思います。
乾燥がどんどん激しくなってくるのでさらに保湿力の高いものでまた刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

 

お金や手間をかけた分、お肌は良い状態になってくれると思いますよ。

 

お肌は年齢に関係なく自分の肌の状態を毎日手で確かめながら丁寧に保湿ケアを継続することが大切です。

外出先での保湿ケアにも気を付けましょう

私達女性は朝、お化粧をする時に入念に保湿ケアをして出掛ける準備をします。

 

でも、どんなに念入りに保湿ケアをしても一日中、肌の潤いをキープするのは難しいですよね、特に空気の乾燥する冬場とかエアコン、暖房がきいたオフィスで仕事をしている時などお肌の水分はどんどん失われていきます。

 

できるだけこまめに保湿ケアをすることがお肌のためには大切なことです。

 

かといって外出先でも自宅でしているような保湿ケアをするわけにはいかないですよね。

 

最近では携帯用の加湿器が販売されていて女性からの人気を集めているみたいで、カバンに入れて持ち歩くことができるぐらいのコンパクトサイズなので加湿器がないオフィスや車中などではとても重宝するものです。

 

ただし水分を与えると言っても、返って肌の乾燥を進行させてしまうこともあれますので水を直接顔に吹きかけるようなことはやめておいたほうがいいと思います。

 

また、化粧品売り場を見ていると空気の乾きが気になる時に、シュッと顔に吹きかけるだけの手軽な携帯用の保湿ミストなどが多く展示されるようになりました。

 

自宅で使っている化粧水をスプレー容器に移して携帯してもよいでしょう、わざわざ市販のミストを購入する必要もないかも知れませんね。

 

屋外で過ごす時とか自転車やバイクに乗る時などの保湿ケアにはマスクがいいと思います、バイクや自転車では乾燥した空気がすごい勢いで肌にあたるので、肌の水分はどんどん奪われてしまいますが、マスクで顔を覆えばぶつかってくる空気から肌の水分を守ってくれます。

 

その上自分の吐く息でマスクの中の湿度が高くなるので保湿効果があり、風邪予防も兼ねて冬場の外出時にはマスクを習慣付けるようにしたいですね。

就寝時の保湿ケアについて

皆さん、起きている間は肌の状態に気をつけていますが、寝ている間は気にしていないのではないでしょうか。

 

睡眠時間は長いので、就寝時にしっかり保湿ケアをしないと朝、肌の状態が悪くなってしまいます。

 

乾燥した空気の中で寝ていれば肌も同じように乾燥し、目覚めた時には顔全体が乾ききっていたということになるでしょう。

 

冬場のような乾燥する季節だけでなく、夏場もエアコンを使用するので空気は意外と乾燥しています。

 

例え入浴後にしっかり保湿ケアをしていても、就寝までに時間が空くようでしたら再度乳液を付けるなどして、眠っている間に乾燥するのを防ぐようにしましょう。

 

また、手やかかと、唇も乾燥しやすいので、寝る前にしっかり保湿することが大切です。

 

寝ている間は枕や布団に肌が当たり、刺激を受けてしまうので、マスクをして寝ることも効果的です。

 

マスクをすることでマスクで覆われている部分が吐き出された息で保湿されますし、喉を傷めることもなくなるので、風邪の予防にもつながります。

 

さらに冬の間は就寝時の寝室の湿度を調整することが大切です。

 

加湿器を寝る前に付けておき、部屋の湿度を60%に保っておくとウィルス対策にも有効です。

 

万が一、加湿器がない場合でも、洗濯物を寝室に干しておくと空気が潤いますし、同時に洗濯物も乾きますので便利ですよ。

暑い夏の肌の環境は過酷になりがちだから保湿ケアが重要

どんなに肌の保湿に気を配っている方でも、夏になると保湿ケアを怠る方が結構多いみたいですね。

 

夏は冬場のように肌や唇などカサつくことも少なくて、汗や皮脂で肌がベタつくということで水分が足りているのではと勘違いしてしまいます。

 

でも実際、汗や脂皮でベタついていても肌の内部の水分は不足するということがあるんです。

 

現代はどこに行っても夏はエアコンが効いていますね、夏の肌の乾燥の最大の原因はこのエアコンなんです、エアコンが効いた室内は湿度が低くなっているので肌は乾燥しやすくなります。

 

店舗、オフィスなどではエアコンが効き過ぎていることもなどもあり、特にこまめに保湿ケアをしないといけません。

 

オフィスならデスクに小さい加湿器を置いて自分の周りの湿度を上げるといいでしょうし仕事中なら化粧水をいれた携帯用スプレーを休憩時間にでも顔に一吹きするというのもいいと思います。

 

夏の肌は繰り返し強い紫外線に当たっているので乾燥しやくなっています。

 

外出時にはたとえ短時間でも日傘とかUV対策のクリームなどを欠かさないようにしたいですね。

 

また汗をかくとタオルで拭いたりしますがこの繰り返しで、朝塗ったお化粧は落ちてしまいタオルと肌の摩擦も肌に負担をかけています。

 

このように疲労やダメージの溜まった肌には夜の保湿ケアがとても重要で化粧水でパックをしてしっかり肌の内部に浸透させましょう。

 

乳液やクリームをべたつくからと省いてしまてはいけませんね。

 

夏の肌の環境は過酷です、肌の悲鳴に気がつきにくい夏ですがしっかり栄養と休養をとって保湿ケアを忘れないことが美しい肌を保つ秘訣になると思います。

保湿ケアにおすすめの化粧品

深層保湿ライスパワーが効果的なライスフォースの価格、効果、成分、評価などの口コミが紹介されています。キャンペーン情報も充実していますので、一度チェックしてみてくださいね。
>>>ライスフォース美白